【顔画像】宮沢博行の実家の父親や母親は?妹は勉強嫌いで役所勤め!?

スポンサーリンク

防衛副大臣や内閣府副大臣を歴任してきた元衆議院議員の宮沢博行さん。

「しゃべるなおじさん」で良くも悪くも有名になりましたよね。

そんな宮沢博行さんは代々政治家の家系ではなく静岡の一般家庭に生まれました。

めちゃくちゃ人の良さそうな宮沢さんですが、どんなご両親のもとで育ったのでしょうか。

今回は宮沢博行さんの実家の家族について調査しました!

目次

宮沢博行の実家の家族構成

https://www.chunichi.co.jp/article/889702

宮沢博行さんの実家の家族構成は

父親
母親
本人:宮沢博行

の4人家族となります。

1人ずつ深掘りをしていきましょう。

スポンサーリンク

宮沢博行の父親

https://dobokuwork.seesaa.net/article/

宮沢博行さんの父親は土木作業員でした。

一般人のため、詳しいことは公表されていません。

毎日、泥と汗に塗れて帰ってきていたそうです。

その父親の姿を見て、父親のことを尊敬していたと自叙伝で語っています。

ですので、ネットで噂されている「宮沢博行の父親は宮澤喜一」は全くのデマです。

宮沢博行さんの父親は静岡の出身で、宮澤喜一さんとは縁とゆかりもありません。

もしよろしければ、こちらの記事もどうぞ!

話を戻しますが、宮沢博行さんの父親は佐久間町の出身で、婿入りし静岡県磐田郡龍山村(現・浜松市)へ引っ越したそうです。

宮沢博行さんの父親はすでに亡くなっていますが、博行さんが小学生の時は年末に父親としめ縄作りをしていたそうです。

父親がきっかけで政治家を目指す

宮沢博行さんが中学生の時に、祖母から自宅に保管していた戦死した祖父母の兄弟の遺品を見せてもいます。

そこで国を守りたいと思い、自衛隊への入隊を考えます。

しかし、父親から

「ことが起こってから国を守るのではなく、そのこと自体を防ぐ人間になれ」

と言われたことがきっかけで政治家を目指すようになりました。

この言葉が中学生の宮沢さんに響いたなんて、とても素直な方なんですね。

スポンサーリンク

宮沢博行の母親

https://miyazawa-hiroyuki.jp/wp-content/

宮沢博行さんの母親は農協職員でした。

母親も一般人のため、職業以外の詳しいことはわかりません。

母からは

「楽をして稼ぐ多くのお金より、苦労して稼いだ少しのお金のほうがずっと値打ちがある」

と教えられてきたそうです。

曲がったことが大っ嫌いで、マスコミの電話取材を受けた時にも正直に回答されています。

ネットでは「嘘のつけない正直な人柄」「話が面白い、母を後継者にしよう」などと称賛されていました。

スポンサーリンク

宮沢博行の妹

https://conobie.jp/article/23039

宮沢博行さんの妹については、一般人のため名前や顔画像は見つかりませんでした。

宮沢んの母親が取材を受けた際には

政治家を出すような家ではありません。
私自身も勉強が大嫌いでしたし、あの子の妹も勉強が好きではなかった。
言ってみれば、息子は突然変異です。

引用:現代ビジネス

と発言していました。

兄の博行さんはさんは政治家になるため、猛勉強をし静岡県でもトップクラスの県立磐田南高校から東大法学部を卒業しています。

しかし、妹さんは博行さんと勉強面は真反対で勉強が大嫌いだったようです。

しかし母親は農協の職員ですし、「本音を言えば、私は地元に戻って県庁に勤めてほしかった。」と取材で答えています。

これは博行さんに対しての発言ですが、もしかしたら妹さんも農協職員や市役所などで働いているかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

宮沢博行さんの実家の家族についてお伝えしました。

・宮沢博行の実家の家族構成は父・母・本人・妹の4人家族
・父親は土木作業員
・母親は農協職員
・妹は勉強が嫌い

いかがでしか?

宮沢博行さんの母親の潔さが、息子にも遺伝している感じがしますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次