金久保芽衣の学歴wikiプロフィール!いじめが原因で不登校だった!?

スポンサーリンク

タレント、俳優として活躍する金久保芽衣さん。

青山学院大学が箱根駅伝4連覇を果たした時のメンバー・下田悠太さんの奥さんでもあります。

今回はこんな金久保芽衣さんの学歴いついてまとめていきます。

目次

金久保芽衣のプロフィール

https://www.youtube.com/channel/UCHgygN7hO
金久保芽衣のプロフィール

名前:金久保 芽衣 (かなくぼ めい)

本名:下田 芽衣 (しもだ めい)

生年月日:1996年3月26日

出身地:茨城県

血液型:A型

職業:タレント・俳優

金久保芽衣さんは茨城県出身のタレント・俳優・モデルです。

愛称は「ぼんぼん」。

芸能界に入ったきっかけはモーニング娘。の9期メンバーオーディションです。

残念ながらモーニング娘。のメンバーには選ばれませんでしたが、モーニング娘。が所属している「アップフロント」にスカウトされて芸能界入りしました。

スポンサーリンク

金久保芽衣の学歴

金久保芽衣さんの学歴は

茨城県内の公立小学校
國學院大學栃木中学校
國學院大學栃木高等学校

となります。

一つずつ見ていきましょう。

茨城県内の公立小学校

https://brava-mama.jp/20210115100496/

通っていた小学校名は公表されていません。

しかし以前、金久保芽衣さんがインタビューで

最寄り駅まで車で30分かかるような茨城の田舎に住んでいた。
6年間1クラスしかない。

と話していました。

ということは茨城県の小学校の可能性が高いですよね。

金久保芽衣さんは小学生の時にいじめの被害に遭っています。

https://gooddo.jp/magazine/education/bullying/11659/

女子特有の順番にターゲットを作り無視したりするやつです。

5年生の時にそのターゲットが金久保芽衣さんで止まり、6年生まで続きました。

遅刻や早退で5年生の時は通っていたそうですが、6年生で不登校になってしまいます。

そんないじめがあったので、両親が中学校受験を勧めてくれたと発言していますした。

1クラスしかないような小さな小学校の地域では、中学校に行ってもあまり状況は変わらなそうですよね。

両親の判断は間違っていなかったと思います。

そんな辛い体験をした金久保芽衣さんですが、家では少年ジャンプを読んでいて最初から最後まで全ページを読んでいたそうです。

今も旦那さんと回し読みをしていそうですよね。

スポンサーリンク

國學院大學栃木中学校

https://www.yomiuri.co.jp/national/20220610-OYT1T50057/

小学校卒業後、金久保芽衣さんは國學院大學栃木中学校に入学します。

こちらは國學院大學栃木中学校出身の石川恋さんのツイートで発覚しています。

2人ともバスケ部だったようですね。

金久保芽衣さんもバスケ部だったことをツイートしていました。

國學院大學栃木中学校はいじめも少ないと口コミがあったので、とても良い選択だったではないでしょうか。

この時にできた友達は現在でも付き合いがあるようですよ。

國學院大學栃木高等学校

https://www.kokugakuintochigi.ac.jp/

金久保芽衣さんは高校を公表していませんが、國學院大學栃木学園は中高一貫校なのでそのまま内部進学した可能性が高いです。

2014年3月には高校を卒業したことをXで報告していました。

https://msp.c.yimg.jp/images/v2/FUTi93tXq4

制服も國學院大學栃木高校のものと似ています。

しかし、卒業証書が異なるんです。

これは2023年に卒業した方のXなのですが金久保舞さんが持っているものと字体が異なりこちらは校章が入っています。

10年の間に卒業証書が変わったのかもしれませんが、高校受験をして他校に行った可能性もありますね。

大学

大学については進学したと情報が全くありません。

芸能活動に専念したものと思われます。

まとめ

金久保芽衣さんの学歴についてお伝えしました。

・小学校は茨城県内の公立の小学校
・中学校は國學院大學栃木中学校でバスケ部に入っていた
・バスケ部の先輩は石川恋
・高校は内部進学で國學院大學栃木高校に入った可能性が高い

いかがでしたか?

現在は旦那さんを献身的にサポートしているようですよ。

夫婦揃って今後の活躍が楽しみですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次